携帯操作し生存偽装か、練馬強殺

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都練馬区の女子専門学校生を殺害したなどとして強盗殺人容疑で再逮捕された住所不定、無職熊沢義信容疑者(27)=死体遺棄罪で起訴=が事件後、本人を装って専門学校生の携帯電話を操作していたとみられることが9日、警視庁捜査1課への取材で分かった。生存を偽装して事件の発覚を遅らせようとした可能性があり、同課が経緯を捜査している。

 捜査1課によると、熊沢容疑者が練馬区の寮で女子専門学校生を殺害するなどした疑い。その後、専門学校生のLINE(ライン)アカウントから、家族に向け「体調が悪いから休むと学校に伝えてほしい」との内容が送信された。