全国の110番通報は835万件 昨年1~11月、災害関係増

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 昨年1~11月に全国の警察が対応した110番通報は前年同期に比べ15万3210件増え、835万9712件に上ったことが9日、警察庁の集計で分かった。このうち災害関係は、西日本豪雨や北海道地震などの影響を受け、前年同期比で1・3倍の9万3001件だった。

 スマートフォンや携帯電話からの通報は年々増加しており、約7割を占め、過去最多を記録。約2割は緊急性のない内容で、警察庁は1月10日を「110番の日」として適切な利用を呼び掛けている。

 内容別で最も多かったのは交通事故・違反(281万6274件)。次いで犯罪や不審者に関する情報(125万7801件)。