米共和党、壁建設の結束に乱れ 民主党法案に8人が賛成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トランプ米大統領との協議後、ホワイトハウスの建物を出るペロシ下院議長(右)とシューマー上院院内総務(左)ら民主党指導部=9日、ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】米下院は9日、閉鎖された連邦政府機関の再開に向け、支出を手当てする法案を可決した。下院多数派の民主党が主導した法案はトランプ大統領が求めるメキシコ国境の壁建設費を含まないが、8人の共和党議員が賛成に回り、政権側の結束の乱れが露呈した。

 トランプ大統領はこれに先立ち、議会を訪れた際、共和党は壁建設に向けて「完全に結束している」と強調していた。

 法案は下院で賛成240、反対188の賛成多数で可決された。賛成の内訳は民主党232、共和党8だった。共和党が多数派の上院で法案が可決される見込みはなく、政府閉鎖の解決につながる可能性は低い。