サウジ記者の国際捜査要求 殺害100日で人権団体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 10日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館前にカショギ氏の名を冠した通りの標識を掲げるアムネスティ・インターナショナルの関係者ら(ロイター=共同)

 【イスタンブール共同】サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件から100日となった10日、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、殺害現場となったトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館前で、国際捜査を求める声明を出した。トルコメディアが伝えた。

 アムネスティの関係者は「ジャマル・カショギ通り」とトルコ語で書かれた標識を総領事館前の道路に掲げ、事件は未解決だとサウジ側に抗議。「カショギ氏に正義を」と訴えた。

 サウジ王室を批判していたカショギ氏は昨年10月2日、総領事館を訪れ、サウジ当局者らに殺害された。