サッカー、地元UAEが初白星 アジア杯、ヨルダン16強

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インド戦で指示を出すUAEのザッケローニ監督(左端)=アブダビ(ゲッティ=共同)

 【アブダビ共同】サッカーのアジア・カップ第6日は10日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビなどで行われ、1次リーグA組で地元UAEが2―0でインドを下し、1勝1分けの勝ち点4で首位に浮上した。インドは同3。

 B組ではヨルダンが2―0でシリアを破り勝ち点6として16チームによる決勝トーナメントへ一番乗りで進出決定。

 大会は24チームが6組に分かれて1次リーグを実施し、各組2位以内と3位のうち成績上位4チームが決勝トーナメントへ進む。