11月消費支出、0・6%減 3カ月連続マイナス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 総務省が11日発表した2018年11月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は28万1041円となり、物価変動を除いた実質で前年同月比0・6%減となった。マイナスは3カ月連続。

 項目別では「食料」が2・2%減、「光熱・水道」は10・0%減だった。一方で「教育」は7・5%増となった。

 自営業などを除いたサラリーマン世帯の消費支出は実質1・5%減の30万3516円で、2カ月連続で減少した。

 総務省は同時に発表予定だった18年11月の消費動向指数について、調査データに誤りがあったとして公表を見送った。