元取締役が初公判で起訴内容否認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 司法取引制度が初めて適用されたタイの発電所建設に絡む贈賄事件で、不正競争防止法違反の罪に問われた「三菱日立パワーシステムズ」の元取締役内田聡被告(64)は11日、東京地裁の初公判で起訴内容を否認した。