ギフト券で寄付249億円、静岡 小山町、総務相が不快感

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ふるさと納税の寄付者に対し、通販大手「アマゾン」で使えるギフト券を贈っていた静岡県小山町の2018年度の寄付額が昨年末時点で、町の18年度当初予算の2倍に当たる約249億円に達したことが11日、分かった。石田真敏総務相は同日の記者会見で「社会的に大きな問題がある。良識ある行動とは思えない」と強い不快感を示した。

 小山町によると、ギフト券の調達費は寄付額の4割程度という。総務省は返礼品について「寄付額の30%以下の地場産品」との基準を示している。

 総務省は法改正により、基準に反する自治体への寄付を税優遇の対象外とする方針。今年の通常国会に改正案を提出する。