日本G20、協調復活に始動へ 貿易摩擦緩和で成長持続

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新興国を含む20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の代理会議が17、18日に東京都内であり、日本が議長国を務める今年のG20が始動する。議論は6月の首脳会合(大阪サミット)がヤマ場。世界経済の動揺を招いた米中貿易摩擦を和らげ、持続的な成長のための協調姿勢を取り戻せるかが焦点になる。

 日本は途上国融資の規模などの透明化を提案し、中国を念頭に過剰な貸し出しをけん制する方針。また巨大IT企業への課税方法など、技術革新への対応を主導したい意向だ。