モーグルW杯、原大智が3位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 モーグルW杯第4戦で3位に入った原大智=カルガリー(共同)

 【カルガリー共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は12日、カルガリーでモーグル第4戦の決勝が行われ、男子は平昌冬季五輪銅メダルの原大智(日大)が78・14点で3位に入り、W杯で初めて表彰台に立った。堀島行真(中京大)は決勝1回目に14位で、上位6人による2回目に進めなかった。

 女子は2回目に進めず、星野純子(リステル)の10位が最高。冨高日向子(白馬ク)は12位だった。

 男子は平昌五輪覇者のミカエル・キングズベリー(カナダ)が開幕4連勝で通算53勝目。女子はユリア・ガリシェワ(カザフスタン)が今季初、通算4勝目を挙げた。