西武の外崎、愛媛県で練習公開 「二塁手でいきたい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 練習を公開した西武の外崎=愛媛県今治市

 西武の外崎修汰内野手が13日、愛媛県今治市内で練習を公開し、守備で軽快な動きを見せた。昨季は内外野を守って活躍したが、今季は正二塁手だった浅村栄斗内野手がフリーエージェント(FA)で楽天に移籍し「内野で準備する。二塁手でいきたい気持ちが一番ある」と決意を語った。

 昨季は自己最多の25盗塁をマーク。今季の目標に30~35盗塁を掲げ「シーズン途中から数字が伸びなくなるのが毎年のパターン。もっともっとできる」と意気込んだ。東京五輪での代表入りにも意欲を燃やす。内外野を守れる万能性は大きな武器で「いい経験になると思う。シーズンでしっかり結果を残す」と力強かった。