巨人の原監督「暴れたい」 野球殿堂入りを祝う会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 祝う会に出席した巨人の原監督=東京・霞が関

 巨人の原辰徳監督の野球殿堂入りと監督就任を祝う会が13日、母校である東京都内の東海大学の校友会館で開かれ、約750人が祝福した。原監督は壇上で「激励をしっかりと受け止め、これも私の中でエネルギーとして暴れたい」とあいさつ。箱根駅伝で主将として初の総合優勝に貢献した湊谷春紀らから花束を受け取った。

 大型補強で戦力が整い、キャンプインまで1カ月を切った。「選手もコーチ人事も含め、2019年度に向け、傭兵はそろった」と言い切り「自分の中でお祝い気分というのは吹っ飛んでいる。戦闘モードに立っているつもり」と強い口調で語った。