IH女子、日本降格カナダが制覇 U18世界選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 18歳以下によるアイスホッケー女子のU18世界選手権は13日、北海道帯広市の帯広の森アイスアリーナなどで行われ、日本は1部残留決定戦(3回戦制)の最終戦でチェコに1―3で敗れ、通算1勝2敗となって降格が決まった。

 決勝はカナダが米国を延長の末に3―2で破り5大会ぶりに優勝。フィンランドが3位だった。