スキー渡部暁3位、ガイガー初V

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 W杯複合個人第10戦の前半飛躍で3位につけた渡部暁斗=バルディフィエメ(共同)

 【バルディフィエメ(イタリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は13日、イタリアのバルディフィエメで個人第10戦が行われ、昨シーズンの個人総合を制した渡部暁斗(北野建設)が3位となり、2試合ぶりに表彰台に立った。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS135メートル)で126メートルの134・1点で3位につけ、首位と36秒差でスタートした後半距離(10キロ)で順位を守った。4位から出たビンツェンツ・ガイガー(ドイツ)が今季、通算ともに初勝利を挙げた。

 渡部善斗(北野建設)は16位、山元豪(ダイチ)は18位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は26位。