「寒中みそぎ」で豊漁豊作を祈願 北海道・木古内の佐女川神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「寒中みそぎ」で冷水を浴びて身を清める行修者=13日夜、北海道木古内町の佐女川神社

 北海道木古内町の佐女川神社で13日夜、約190年続く神事「寒中みそぎ」が始まった。行修者と呼ばれる若者4人が下帯姿で冷水を浴びて身を清め、豊漁豊作を祈願した。最終日の15日には、4人が木像のご神体を抱いて厳冬の津軽海峡に飛び込む。

 午後7時ごろ、氷点下の境内に「えいやー」と勇ましい掛け声が響き、4人が背中に冷水を浴びせ合った。体から湯気が上がり、歯を食いしばって耐える姿に、見物客らは拍手を送った。

 寒中みそぎは1831(天保2)年、神社守の夢枕にお告げがあり、海でご神体を清めたところ豊漁豊作になったのが起源とされる。