アジア杯、ウズベクが決勝T進出 サッカーF組で首位、日本2位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【アブダビ共同】サッカーのアジア・カップ第9日は13日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイなどで行われ、1次リーグF組ではウズベキスタンが4―0でトルクメニスタンに快勝し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 同組の日本は1―0でオマーンを退けて2連勝。勝ち点6で並び、得失点差でウズベキスタンが首位、日本は2位となっている。トルクメニスタンとオマーンは同0。

 大会は24チームが6組に分かれて1次リーグを実施。各組2位までと3位のうち成績上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進む。