ハンドボール、日本男子は2連敗 世界選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 クロアチア戦で攻める宮崎=ミュンヘン(ロイター=共同)

 【ミュンヘン共同】ハンドボール男子の世界選手権は13日、ミュンヘンなどで1次リーグが行われ、B組の日本は第2戦で前大会4位のクロアチアに27―35で敗れ、2連敗となった。

 日本は序盤に6連続失点する苦しい立ち上がりになり、13―18で折り返した。後半も早い段階で立て続けに6点を奪われ、その後の追い上げも及ばなかった。

 14日(日本時間15日)の第3戦では昨年の欧州王者のスペインと対戦する。