499人が海で裸まいり、宮崎 青島、息災祈る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 宮崎市・青島の青島神社で行われた「裸まいり」=14日

 観光地で知られる宮崎市・青島の青島神社で14日、ふんどし姿の男性とじゅばん姿の女性が真冬の海で身を清める「裸まいり」があった。古事記に由来する毎年恒例の神事で、3歳から74歳までの499人が参加し、無病息災などを祈った。

 青島は浸食された岩が波状に連なる「鬼の洗濯板」に囲まれた島。青島神社の祭神である山幸彦が急に帰ってきた際に、慌てた村人が裸で出迎えたという伝承に基づき裸まいりが行われてきた。

 午前10時すぎ、参加者は鬼の洗濯板の上にある橋を練り歩き、神社前の海に入った。