新幹線騒音対策、2百億円と試算 JR東、盛岡―新青森の高速化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JR東日本が、東北新幹線の盛岡―新青森間の最高時速を現行の260キロから320キロに引き上げた場合、騒音対策工事に200億円弱が必要になるとの試算をまとめたことが14日、JR関係者への取材で分かった。整備新幹線として建設されたこの区間で高速化を実現するためには、国が認める必要があり、JR東は国などと協議を続けている。

 東北新幹線「はやぶさ」は最速320キロで走行するが、盛岡―新青森間は、国の整備計画で最高時速が260キロとされており、JR東の独自判断では速度を上げることができない。