両陛下、ルーベンス展鑑賞 東京・上野の国立西洋美術館で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「ルーベンス展―バロックの誕生」で作品を鑑賞される天皇、皇后両陛下=14日午後、東京・上野の国立西洋美術館(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は14日、東京・上野の国立西洋美術館を訪れ、「ルーベンス展―バロックの誕生」を鑑賞された。

 展覧会には、現在のベルギーを活動拠点とし、17世紀を代表する画家ルーベンスの作品約40点が集結。晩年の大作「聖アンデレの殉教」などが展示され、両陛下は研究員の説明を聴きながら熱心に見て回った。

 陛下は、国内初公開となった縦306センチ、横216センチの「聖アンデレの殉教」を前にし、「これを描くのは大変な時間がかかるでしょうね。これだけの力を尽くすのは高齢ではできないでしょう」などと感心した様子で話していた。