ノルディック複合は小林が制す 全国高校スキー第3日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 複合 優勝した長野原・小林朔太郎(手前)の後半距離=花輪スキー場

 全国高校スキー大会第3日は10日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で行われ、ノルディック複合は前半飛躍(ヒルサイズ=HS86メートル)6位の小林朔太郎(群馬・長野原)が首位から54秒差で出た後半距離(10キロ)で逆転し、優勝した。

 アルペン男子大回転は佐藤進太郎(新潟・関根学園)が合計タイム1分49秒39で制した。距離女子5キロクラシカルは祖父江凜(長野・飯山)が14分6秒0で勝った。