宮原知子が逆転V、青木祐奈2位 ババリアンOPフィギュア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フィギュアスケートのババリアン・オープンは10日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、女子はショートプログラム(SP)で2位につけた世界選手権(3月・さいたま)代表の宮原知子(関大)がフリーで136・77点の1位となって逆転し、合計204・56点で優勝した。青木祐奈(神奈川・横浜清風高)が182・90点で2位となった。

 9日のSPで青木が68・43点で首位に立っていた。(共同)