米家計債務1500兆円 12月末、過去最大更新

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米ニューヨーク連邦準備銀行が12日発表した2018年12月末の米家計債務残高は、3カ月前に比べ320億ドル増の13兆5400億ドル(約1500兆円)となり、過去最大を更新した。自動車や学生ローンの残高が増えた。

 米国の金利は、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げに伴い上昇してきた。家計の債務返済負担が増大し、個人消費を冷やす恐れがある。ニューヨーク連銀は「自動車ローンの滞納が増えており、特に若年層が返済に苦しんでいる」と指摘した。

 自動車ローンは90億ドル増の1兆2700億ドル、学生ローンは150億ドル増の1兆4600億ドルだった。