東証、終値2カ月ぶり2万1千円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2万1000円台を回復した日経平均株価の終値を示すボード=13日午後、東京・八重洲

 13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸し、終値は前日比280円27銭高の2万1144円48銭だった。終値として昨年12月18日以来約2カ月ぶりに2万1000円台を回復した。貿易摩擦問題で米中が決裂するとの懸念が後退。米政府機関の再閉鎖回避への期待もあり、買い注文が優勢だった。

 東証株価指数(TOPIX)は16・73ポイント高の1589・33。出来高は約14億1300万株。

 朝方は前日の米株高の流れを引き継ぎ買いが先行。利益確定の売りで伸び悩む場面もあったが、上海株の上昇で勢いが戻り、平均株価の上げ幅は一時300円を超えた。