支援減少、大学は「危機的状況」 ノーベル受賞者らが新団体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 白川英樹・筑波大名誉教授

 大学の教育研究活動に対する国の支援が減少傾向にあり、日本の大学は危機的状況に置かれているとして、ノーベル化学賞を受賞した白川英樹筑波大名誉教授や同物理学賞の梶田隆章東大宇宙線研究所長らが13日、大学のあるべき姿を社会全体で考えていくためのフォーラムを設立した。

 国公私立大の教員ら51人が呼び掛け人となり、今後シンポジウムを開催したり、教育研究政策に関する声明を出したりする。東京都内で記者会見した白川氏は「安易な見返りや成果を求める圧力が学内外で強まり、基礎研究の遂行が困難になったと聞く。高度な教育、高度な研究が衰退する懸念を拭えない」と強調した。