「アセスメント十分でない可能性」と専門委

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 千葉県野田市の小4女児死亡事件で、厚生労働省専門委員会の山県文治委員長は、虐待リスクを判断するアセスメント(分析評価)について「十分行われていなかった部分がありそうだ」と述べ、県児童相談所の対応を検証するよう求めた。