乳児暴行死疑いで母親逮捕、山口 生後約2カ月の長女

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 山口県警は14日、山口市の自宅で生後約2カ月の長女に暴行し死亡させたとして傷害致死の疑いで、母親の無職安部玲伽容疑者(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月29日から2月11日午後7時ごろ、入所している社会福祉施設の居室で長女莉結愛ちゃんの頭部に何らかの方法で複数回暴行してけがをさせ、死亡させた疑い。司法解剖の結果、死因はくも膜下出血による脳浮腫だった。死亡の経緯について、何も語ろうとしないという。

 県警によると、施設では事情のある親子らが支援を受け生活している。安部容疑者は昨年9月に1人で入所。その後、莉結愛ちゃんを出産した。