JDI、5年連続の赤字へ アップルの業績減速が響く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東京都港区のオフィスビル内にあるジャパンディスプレイ本社

 業績不振の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は14日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正した。本業のもうけを示す営業損益は200億円超の赤字(前期は617億円の赤字)、純損益は5年連続の赤字見通しとした。主要取引先の米アップルの業績が減速したことが響いた。

 東京都内で記者会見した月崎義幸社長は「(責任を)重く受け止めている」と述べた。収益改善に向け「さらなる構造改革も検討中だ」と指摘。まずは設備が中心となる考えを明らかにした。

 同時に発表した18年4~12月期連結決算の純損益は108億円の赤字(前年同期は1006億円の赤字)だった。