ヤクルト小川、クイックに課題 練習試合で先発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 KIAとの練習試合で先発したヤクルト・小川=浦添

 ヤクルトの小川が韓国プロ野球、KIAとの練習試合で先発し、2回2失点だった。二回に先頭打者を出塁させてから投球が乱れ「クイックのときの精度が悪かった」と課題を挙げた。降板後はブルペンでさらに40球を投げ込んだ。

 一回は三者凡退で片付け「走者なしでの2段モーションのときは良かった」と、新たに取り組んでいる投球フォームにはまずまずの手応えをつかんだようだった。小川監督は「フォームを試行錯誤しているので、これから徐々に状態を上げてくれれば」と話した。(浦添)