DeNA神里、打撃改造に手応え 新打法の習得「実戦の中で」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 外野の一角を狙うDeNA2年目の神里が存在感を発揮している。フリー打撃では、バットを寝かして構える新しいフォームで、ドラフト1位新人の上茶谷(東洋大)から右越えに本塁打を放った。11日の紅白戦でも一発をマークしており「しっかり振れているし(打球の)角度も前より良い」とうなずいた。

 オフは日本生命の先輩に当たる大島(中日)と練習を行い、飛躍へのヒントを得た。それでも新打法の習得には「実戦の中で慣れること。もっと粘り強くならないと」と足元を見つめた。(宜野湾)