「公職手段の選挙は納得いかない」と小西氏

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府知事選への立候補を表明した元副知事小西禎一氏は理由について「知事、市長という公職を手段に選挙を実施するのは納得がいかない」と述べ、松井一郎知事と吉村洋文大阪市長が辞職し、立場を入れ替えて立候補することを批判した。