政治資金で堺市長を議会が追及 「私的利用ない」と強調

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 堺市議会の議員総会で説明する竹山修身市長=12日午前

 堺市の竹山修身市長の後援会などで政治資金収支報告書に約1億円の誤りがあった問題で、市議会は12日、議員総会を開いて竹山氏に説明を求めた。竹山氏は「記載の誤りはあったが(政治資金を)私的に利用した事実は認められなかった」と述べ、不正はないと強調した。

 総会冒頭、竹山氏は「政治資金規正法に合致しない措置が取られていたことは誠に遺憾で、責任を痛感する」と謝罪。大阪維新の会の市議は「訂正した報告書にも不自然な点があり、明らかに数字を操作している。辞職に値する」と迫ったが、竹山氏は「操作していない」と否定した。