陸自パワハラ訴訟、国に賠償命令 長崎地裁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 長崎地裁

 陸上自衛隊那覇駐屯地(那覇市)に所属していた元自衛官の男性(22)=長崎県大村市=が、上司4人にパワハラを受け退職を余儀なくされたとして、国に200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)は12日、100万円の支払いを命じた。

 訴状によると、男性は高校卒業後の2015年4月に陸自へ入隊。配属先の那覇駐屯地で16年3月ごろから、4人に「使えない」「早く辞めろや」と暴言を吐かれたり、顔を平手打ちされたりしたとしている。17年3月に退職した。