維新、減税との新党否定 参院選向け河村市長の検討発言に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 名古屋市の河村たかし市長は12日の定例記者会見で夏の参院選に向け、自身が率いる政治団体「減税日本」と日本維新の会との新党結成を巡り、維新の国会議員と考えていくと明らかにした。その後、維新代表の松井一郎大阪府知事は府庁で記者団の取材に応じ「新党は考えていない」と否定した。

 減税と、維新の愛知県支部に当たる「愛知維新の会」は4月の統一地方選で、同県内での候補者の重複を避けるなどの協力を決めている。

 河村氏は会見で「政治勢力を広げないといけない」と指摘。一方、松井氏は「統一選は連携していこうと言ったが、新党までは言い過ぎだ」と強調した。