対日交渉、農業先行目指す 米通商代表「優先度高い」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ライトハイザー米通商代表(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は12日の議会公聴会で、日本との新たな貿易交渉は農畜産分野などの関税引き下げを先行して取り組みたいとの意向を示した。環太平洋連携協定(TPP)発効で日本への輸出が伸び悩むことを警戒し、対日交渉は「非常に優先度が高い」と指摘した。

 ライトハイザー氏は、TPPから離脱した米国の畜産農家が日本市場で競争条件が不利となる「大きな問題を抱えている」と説明。包括的な自由貿易協定(FTA)の締結には時間がかかるため「農産品などに関する協議は、より早い段階で行いたい」との認識を示した。