カミンスカス容疑者を起訴 地面師事件、東京地検

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 カミンスカス操被告(フィリピン入国管理局提供)

 積水ハウスが架空の取引で地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件で、東京地検は13日、詐欺などの罪で、主犯格とされるカミンスカス操容疑者(59)を起訴した。

 捜査関係者によると、積水側との売買交渉に立ち会い、取引を主導したとみられる。

 カミンスカス被告はグループの他のメンバーと共謀し2017年3~6月、東京都品川区の土地売買で所有者を装い、積水ハウスから土地購入代金をだまし取ったとして、警視庁に逮捕された。