社労士殺害容疑、知人を逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 岐阜県池田町のマンションで昨年8月、同町の社会保険労務士荒井一良さん=当時(44)=が殺害されているのが見つかった事件で、愛知、岐阜両県警の捜査本部は13日、殺人の疑いで、知人で名古屋市、自称金融業幕田達也容疑者(50)を再逮捕した。

 捜査本部によると、昨年8月、愛知県あま市のマンションで「友人が練炭自殺している」と一緒にいた幕田容疑者が110番。同県の職業不詳の男=当時(30)=が死んでいるのを県警が発見した。

 幕田容疑者が「男に荒井さんを殺したと打ち明けられた」と説明したため、県警が男の借りた池田町のマンションを調べると、荒井さんの遺体が見つかった。