日韓局長級会談、14日ソウルで 徴用工訴訟対応を協議

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ソウル共同】韓国外務省は13日、金容吉東北アジア局長が14日午後にソウルの同省内で日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と会談すると発表した。日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟判決への対応を含む両国間の懸案について意見交換するとしている。

 元徴用工側は賠償支払いを拒否している日本企業の資産を差し押さえ、近く売却申請する構えで、日本政府が強く反発している。