死刑執行情報の開示要望 地下鉄事件遺族、法相に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 山下法相(左)に死刑執行に関する詳細な情報開示を求める文書を手渡す高橋シズヱさん=13日午後、法務省

 オウム真理教による地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(72)が13日、死刑執行に関する詳細な情報開示を求める文書を山下貴司法相に手渡した。昨年7月に教祖麻原彰晃を名乗った松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=ら13人の死刑が執行され、高橋さんは執行に関連する文書の情報開示請求をしたが、大部分が真っ黒に塗られていたという。

 山下氏は「さまざまな考えなければならないことがある。今後の参考にしたい」と述べた。

 高橋さんは面会後、東京都内で記者会見し、「なぜ執行時間も分からないのか。死刑が良い、悪いではなく、何が起こったか開示されるのが当然だ」と訴えた。