自民党竹下派、結束誓う 療養の会長不在で資金パーティー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党第2派閥の竹下派(平成研究会、56人)は13日、政治資金パーティーを都内のホテルで開いた。病気療養中の竹下亘会長に代わって茂木敏充会長代行があいさつし「安定政権をつくることが政策課題を解決する上で極めて重要だ」と強調。集団指導体制で会長不在の状況を乗り切り、夏の参院選に向けて結束することを確認した。

 ゲストの安倍晋三首相は「平成から新しい時代になっても、日本の未来をつくる担い手として活躍を期待したい」と激励した。茂木氏は、竹下氏からの伝言として「統一地方選、参院選に一丸となって取り組んでほしい」と訴えた。

 竹下氏は食道がんのため入院治療している。