VW、最大7千人を削減

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ベルリン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、2023年までに最大7千人の従業員を削減すると発表した。VWは電気自動車(EV)の生産に重点を移す。また、各国で強化される二酸化炭素(CO2)の排出規制などへの対応で、同年までに190億ユーロ(約2兆4千億円)を投資することも明らかにした。

 ドイツ紙は昨年12月、人員削減は北部エムデンとハノーバーの両工場が対象になると報じていた。EVはより少ない人数で生産でき、不要になるポストが出るという。13日に発表した人員削減の対象は管理部門が中心になるとみられる。