女児ら現場に1時間滞在か、愛知 防犯カメラに姿

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 愛知県豊田市の小学6年の女児2人が飛び降り自殺したとみられる問題で、転落する約1時間前に現場のマンションに入る2人の姿がマンションの防犯カメラに写っていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、この間に2人がためらったり、飛び降りる場所を探したりしていた可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、映像に2人以外の姿はなかったため、県警は第三者の関与はなく、自殺との見方を強めている。マンションはオートロックで、2人は住人ではなかったが、住人の後に続くなどして中に入ったとみられる。