原発避難者訴訟、地裁が国への請求退ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故で福島県の避難指示区域外から千葉県に自主避難した6世帯19人が、国と東電に計約2億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁は14日、東電だけに賠償を命じ、国への請求を退けた。