東電に3千万円賠償命令 避難区域の果樹園被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町で果樹園を営んでいた男性らが、田畑や果樹が事故で使用できなくなったとして、計約3億円の損害賠償を東電に求めた訴訟の判決で、福島地裁いわき支部は14日、計約3千万円の支払いを命じた。

 名島亨卓裁判長は判決理由で、男性らの土地が「帰還困難区域に指定され、現在全く使用できず無価値なものとなった」と指摘した。果樹や果樹棚についての賠償も認めた。

 東電は原告らと裁判外紛争解決手続き(ADR)で和解し弁済額を支払ったが、判決では裁判所が算定した損害額から、支払い済みの額を引いた分を賠償額とした。