父の遺体遺棄容疑で男逮捕、千葉 シートに包み床下に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 千葉県白井市の資材置き場で1月、白骨遺体が見つかった事件で、県警は14日、身元を同県柏市に住んでいた自営業長谷川嘉久さんと特定し、死体遺棄の疑いで、長男で自営業の敬悦容疑者(47)=住所不定=を逮捕した。

 逮捕容疑は、当時2人で暮らしていた柏市の自宅の床下にブルーシートなどで包んだ嘉久さんの遺体を埋め、2017年ごろに転居した疑い。

 県警によると、容疑を認めている。嘉久さんは1947年生まれ。死因や死亡日時は分かっておらず、県警は容疑者から詳しい経緯を聴く方針。遺体は今年1月22日、ブルーシートに包まれ、全身が白骨化した状態で見つかった。