がんゲノム医療で8件の不適切事例

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 がん患者の遺伝子を調べて最適な治療法を選ぶ「がんゲノム医療」で、患者の名前が検査会社に漏れるなど、不適切な実施例が東京大や島根大などで計8件あったと厚生労働省が14日、明らかにした。