北朝鮮、非核化交渉の中断を警告 外務次官会見、金氏が声明発表か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 15日、平壌で発言する北朝鮮の崔善姫外務次官(中央の女性)(AP=共同)

 【北京共同】ロシア国営タス通信によると、北朝鮮の崔善姫外務次官は15日、平壌で記者会見し、2月末にベトナムで開かれた米朝首脳会談での米側の非核化要求は受け入れられないとの立場を表明、交渉中断を警告した。金正恩朝鮮労働党委員長が今後の対応について近く声明を発表するとしている。

 トランプ米政権へのけん制の可能性もあるが、実際に非核化に逆行する行動を取ったり、そうした兆候を示したりすれば米朝の緊張が再燃する恐れがある。

 崔氏は「われわれはいかなる形でも米国の要求を受け入れる気はないし、このような交渉には携わりたくない」と述べた。