両陛下が武道大会を観戦 皇宮警察、即位30年記念

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 天皇陛下の即位30年を記念した武道大会を観戦される天皇、皇后両陛下=15日午後、皇居・皇宮警察本部の武道場「済寧館」(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は15日、皇居にある皇宮警察本部の武道場「済寧館」で、天皇陛下の即位30年を記念した武道大会を観戦された。2017、18年に豪雨や地震の被害があった北海道、岡山、広島、愛媛、福岡、大分の6道県警の選手らが招かれ、剣道、柔道で皇宮護衛官と対戦した。

 両陛下は道場正面に備えられた「玉座」に着席。白熱した試合を熱心に見守り、勝敗が決まるたびに盛んに拍手を送った。陛下は観戦後、選手らに「どうもありがとう」と笑顔で声を掛けた。

 皇宮警察は1886年に創設。済寧館では14年にも陛下の傘寿(80歳)を祝う武道大会を開催している。