北朝鮮に対米交渉継続促す 非核化でロシア外務次官

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【モスクワ共同】ロシアのモルグロフ外務次官は15日、北朝鮮の崔善姫外務次官が非核化交渉の中断を警告したことを受け、朝鮮半島の諸問題を解決するため米国との交渉を継続するよう北朝鮮側に呼び掛けた。モスクワの北朝鮮大使館で開かれたレセプションでの発言をインタファクス通信が伝えた。

 モルグロフ氏は「米朝対話が双方の信頼を強化し、状況の段階的な解決につながることを確信する」と語った。また、ロシアは「核問題を含む朝鮮半島の諸問題を、関係各国が参加して政治外交的な方法で解決するよう一貫して求めている」と述べた。