大河、複雑な構成で視聴者離れ NHKの「いだてん」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大河ドラマ「いだてん」の新キャスト発表会で、作品の感想を語る寺島しのぶさん(右から2人目)ら=5日、東京都渋谷区のNHK放送センター

 豪華キャストで挑むNHK大河ドラマ「いだてん」の視聴率が低迷している。2月10日放送回以降4週連続9%台で、3月10日放送回は8・7%に落ち込んだ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2桁が常の大河では異例で、構成の複雑さが要因との指摘がある。

 「スピーディーな展開に、分からない部分もいっぱいあった。万人に受ける番組ではないのかもしれない」。3月の新キャスト発表会で、女優の寺島しのぶさんは作品を「新風」と評価した一方、視聴しての率直な感想を述べた。

 訓覇圭チーフプロデューサーは低視聴率を念頭に、序盤が「(緻密すぎた)ところもあるかもしれない」と述べた。